お知らせ
2019.04.10
お知らせ

【相続レポート】贈与の基礎と各種特例制度

相続税対策の王道でもある贈与。 
通常の暦年贈与として110万円を親や祖父母から少しずつ移転させて相続税対策を行っている、という方も多いのではないでしょうか。

しかし、贈与には、住宅取得に充てるものや教育資金、結婚資金などに充てる場合には110万円を超えての贈与も非課税となる特例があります。

消費税増税を約半年後に控え、モノが大きく動く時期だからこそ、知っておきたい、贈与の基礎と各種特例制度について、
贈与の基礎と各種特例制度」で解説していきます。