2022年2月24日 イベント・セミナー その他 地域情報 エヌアセット

こんにちは、エヌアセットの山口です。

1/27(木)、認定NPO法人キーパーソン21が運営するキャリアプログラムに参加するため、下作延小学校に行ってきました!

エヌアセットは、街の人を応援するキーパーソン21の取り組みに共感し、2015年よりキーパーソン21と協働。イベントへの参加は今回で5度目となります。

当日は、小学校6年生に向けて、当社代表の宮川が講演を行い、その後、エヌアセット社員6名がキーパーソン21の会員さんとともに「すきなものビンゴ&お仕事マップ」のワークショップを行いました。

講演プログラム「おもしろい仕事人がやってくる」では、当社代表の宮川が、子供時代から現在までを振り返り、これまでの人生での気づきや宮川の考えるわくわくエンジン®(キーパーソン21が定義「一人ひとりの中に誰もが必ず持っているわくわくして動き出さずにいられない原動力のようなもの」)をお伝えしました。

アイスブレイクでは、スライドに映し出された有名人と宮川の共通点を聞くクイズを出題!

実は「宮川と同い年の有名人」というオチですが、大盛り上がりで冒頭から時間が押す展開に、、(笑)

時間の関係で、会社紹介を手短にしてお伝えしましたが(笑) 、中には当社が協賛させていただいた「高津区での少年サッカー大会」でエヌアセットを知ってくれていた子もいて、とても嬉しかったです!

発表では、中学生の時「何故かヤンキーに好かれた」、大学卒業後に「人生の師匠と出会い師匠が作った会社へ転職」など、宮川の転機や面白エピソードをお話ししました。

宮川のわくわくエンジンは、「新しいことを知る、考える、実現することを仲間と喜ぶ」。

思い返すと、宮川が社内の会議で新しい商品を構想している時やチーム理解に活用できるツールを新しく導入しようとした時に熱量が高くなっていたので、講演を聞いて納得しました。

最後に宮川から子ども達へ「今やっていること、好きなことは必ず将来に繋がる」「人との出会いは大事」という応援メッセージを届けました。

講演の後は「すきなものビンゴ&お仕事マップ」のワークに移り、子どもたちとスタッフが4人グループになって好きなこと・わくわくすることを理由とともに対話しました。

エヌアセット社員は、子どものわくわくを引き出すサポーターとして子どもたちを応援。ゲームを通して、今自分がわくわくするものが将来どんな仕事に繋がるのかを一緒に見つけていきました。

[ 始まる前、子どもたちが待つ教室の外で気合のエンジン! ]

まずは、キーパーソン21出張授業の伝統!子どもたちに向けたご挨拶&自己紹介からスタート。

知らない大人たちが来てドキドキしている子どもたちに打ち解けてもらうには、大人からの自己開示が大切。

緊張とちょっとの気恥ずかしさを吹き飛ばし、みんなで明るく、張り切って登場♪

今日1日、呼んでもらいたいあだ名と自身の仕事内容についてお話ししました。

[冒頭の挨拶&自己紹介の様子]

その後私たちは各グループに入り、子どもたちのわくわくを引き出すビンゴやワークのサポートを開始。

普段自分の好きなことを考えたり、言葉にする機会が少ない子どもたちに対して、大人が積極的に「いいね!」と共感し、丁寧に傾聴。わくわくの自己発見につながる言葉を引き出していきました。

子どもたちに好きなこととその理由を聞くにつれ、少しずつお互いの緊張もほぐれていき……1回目のビンゴが終わるころには、子どもたちが嬉しそうに”わくわく”を共有してくれました。

最後のワークでは、子どもたち自身で発見したわくわくを整理してシートにまとめるところまで行いました。熱心に取り組む彼らの姿勢に私たちも刺激をもらいました。

[ワークの様子]

プログラムの最後はエアハイタッチで子どもたちとお別れ。子どもたちのたくさんの笑顔に見送られ、寂しさもありましたが温かな気持ちで校舎を後にしました。

■子どもたちからの感想 / こんな声をもらいました

「講演を聞いて、社長のイメージが変わった!」

「将来が分からなかったけど、自分のやりたいことを見つけられた」

「仕事も1つの仕事だけでなく、企画・運送など細かく仕事があると分かった」

■社員からの感想

「終始子どもたちが元気で素直だったのは刺激になりましたね。普段の自分を見つめ直す良いきっかけになりました」

「”アニメが好き”そのもので終わらせるのではなく、多くの人が関わっていることを知ってもらい、興味の範囲を広げてもらうことができたと思うので良かったです」

「今本当にやりたいことがないと迷っていた子が、今回のプログラムでやりたいことを再確認できたようで良かったです」

子どもたちから最後に、「これからもたくさんいい家を探してください!」とメッセージを頂きました!!社員一同頑張ります(^^)

今回、サポート役として参加した私たちもたくさんの学びや気づきをいただきました。つい「できる」「できない」とレッテルを貼り、自分の可能性を狭めてしまうことがありますが、そこに捉われずに素直に自分を見つめる大切さを子どもたちから学びました。彼らの好奇心や可能性にパワーをもらった1日でした。

それと同時に、多くの子供と真剣に向き合うことにもパワーが必要だと気付き、毎日生徒と向き合っている先生方の凄さを改めて痛感いたしました。

エヌアセットでは、今後も地域貢献や子どもの未来に繋がる活動を応援し、街を盛りあげる一助となれるよう取り組んでまいります!