相続税申告をした後、税務署は被相続人の過去の預金を調査します。 その場合、亡くなる直前に大きな出金が確認できることが多々あります。

今回は、「生前に預金口座からまとまったお金を引き出す際は要注意!」で、2つのケースを例に相続税について考えていきます。

相続後に相続人が預金口座の出金内容についてきちんと説明ができるように、生前に管理していた被相続人又は相続人が通帳に内容を記載しておくなど、事前に対策しておくようにしましょう。