不動産の売買は、通常「契約締結日」から登記準備等を進めて、契約日から数か月後に「引渡し・代金決済」が完了します。
では、「契約締結日」から「引渡し・代金決済」の間に相続が発生した場合には、税金の計算はどうなるのでしょうか?申告の仕方で税額が変わってくる場合もあるので、ぜひチェックしておきましょう。

詳しくは土地の売買契約期間中に相続が起こったら?をご覧ください。