財産管理の一手法として始まった「家族信託」。
家族信託とは、資産を持つ人が「老後の生活資金の管理及び給付」等の特定の目的に従い、保有する資産を信頼できる家族に託し、その管理・処分を任せる仕組みです。

まだ始まって12年の新しい手法であるため、世の中に認知されていく数年の間で多くの変化がありました。
今回は、その変化の中でも特筆すべきものをいくつかご紹介します。

詳しくは家族信託組成の現状をご覧ください。