今般の相続法の改正により、相続における選択肢が増えました。それにより、従来のように遺産は法定相続分で分けるものという考え方から、より被相続人の意思を尊重しようという流れが加速します。つまり、遺言の重要性が増すということです。

しかし、遺言書を独力で作成するのはおすすめしません。ご本人の死亡後に遺族が大変なトラブルに巻き込まれているケースが数多くあるからです。
では実際にどのようなトラブルが起こっているのでしょうか。

遺言書の作成にあたっては、是非専門家の支援を!で詳しく説明しているのでご覧ください。

遺言書を作成する際は、法務・税務上のチェックは勿論、相続発生後の手続きができるだけスムーズに行えるように、専門家に相談しながら進めていきましょう!