相続人のいない人が財産の使い道を示さずに死亡すると、財産はどこに行くのか…。
答えは国です。
遺産の国庫納付は2016年度に約440億円となり、10年間で2倍に膨らんでいます。
この背景には、近年の少子高齢化や未婚率の上昇など、さまざまな要因が潜んでいます。

今回は、行き場のない財産の行き先を決める仕組みのひとつ、「遺贈寄付」についてご紹介します。
ぜひ、ご自分の財産について見直すきっかけにしてみてください。

「おひとりさま」相続の遺贈寄付について