コロナ禍の経済状況悪化を受け、家賃の減額交渉が激化しています。今後も家賃の減額交渉といった頭の痛い問題は継続しそうです。
さて、貸し手側である不動産オーナーが臨時的に家賃減額に応じた場合、税金面では不動産オーナーにどのような影響があるのでしょうか。
うっかり見落とすと、「家賃を減額したのに、納税額は減っていない!」ということにもなりえますので、ぜひ交渉前に確認しておきましょう。

家賃減額交渉前に知っておきたい事!!をご覧ください。