こんにちは!
オーナー様相談室の松本です。

先日、静岡県は浜松にあるシェアハウスを視察してきました。
なぜ浜松??と思う方もいらっしゃると思いますが
実は、地方の方が首都圏と比べると空室率が高かったり、人口減少や高齢化が進んでいて
首都圏でもこれから遭遇するであろう状況に既に直面しております。

賃貸経営という観点から見ると非常に苦しい状況なので空室対策や有効活用も工夫をされている
オーナー様や物件、管理会社が多いんです。

我々もオーナー様から大切な資産をお預かりさせて頂いているので、こういった視察を通して
お客様に還元できればと考えております。

視察させて頂いた物件は、元々会社の寮として使っていた物件をリニューアルし
アウトドアをコンセプトにしたシェアハウスになっております。

なので共用部にハンモックやキャンプ用品、うんていがあったり、大画面で映画も見れます。

ギターも弾けます※弾いている社員は、実際には弾けません

中庭にボルタリングが出来るスペースがあったりとワクワクする仕掛けが満載です!!


あいにくの雨で登れなかったのが残念でした。。

こちらの物件は、部屋の内装には、それほどお金をかけず共用部を充実させることで
物件の価値を創出しております。競合しない物件を作る事が大事ですね。

まだまだ色々と参考になる内容がいっぱいありますが、書ききれないので詳細をお知りになりたい方は
下記の11月22日に開催する空室対策セミナーに是非お越しください。
完全予約制になっておりますので、ご連絡下さいませ。