2020年8月21日、CCIM JAPAN主催のWEBセミナー「CCIMが激白!withコロナ時代の不動産投資現場」に、当社のグループ会社であるエヌアセットBerry取締役の越 匠平が登壇しました。

IREM(全米不動産管理協会)は倫理的で高いスキルを持つCPM®(不動産経営管理士)の育成を目的に、1933年に米シカゴで設立。現在、世界に約2万人、日本に約800人の会員が在籍しています。CCIM JAPANではCPM®ホルダーを対象に、投資手法や考え方をさらに深く学ぶことができるCCIMコースを展開。「複数の投資を比較・選択し、投資を成功に導く」コンサルタントを育成しています。

当セミナーでは、CCIMホルダーである3名の不動産投資コンサルタントが登壇。コロナ禍でのマーケットや取引の状況、提案事例などについて語り合いました。

イベント後半では、参加者との情報交換会を開催。全国各地の不動産現場の様子をつぶさに実感できるひとときとなりました。

>>【セミナーレポート】CCIM JAPAN主催「CCIMが激白!withコロナ時代の不動産投資現場」後編