超低金利と言われている現在の日本。そうした中、外貨に目を向ける人の数は年々増加しており、個人(家計)の外貨預金の残高は2018年末時点で7兆円と過去最高を更新しました(日本銀行「資金循環統計」より)。

今回は、資産運用法の選択肢の1つとして注目を集める「外貨建て金融商品」の概要と保有リスクについて説明します。

>低金利時代に知っておきたい!「外貨建て金融商品」の特徴とリスク

N-ASSET Berry スタッフブログより