日本の高齢化社会において、深刻な社会問題になりつつある高齢者の「認知症」。認知症により判断能力がなくなると、契約の締結などの法律行為ができなくなる可能性があるため、身上監護・財産管理を必要とする人々が急増しています。

 今回は、そのような方々の利益を守るために設けられた「成年後見制度」について解説していきます。

審判前の保全処分(財産管理者の選任)について」をご覧ください。