今年の税務調査については、「コロナ禍においては真に必要なものを除き原則、新規の税務調査はしない」という方針が国税庁から示されましたが、10月以降から徐々に新規の税務調査が始まりそうです。

 税務調査には、ある日突然、調査官が会社や個人宅に数名で調査に入る無予告調査と、事前に連絡がある通常の調査と、電話や書面のやり取りだけで完了する非対面の調査があります。

 では実際に税務調査が入るとなった場合、どのように対応すればよいのでしょうか?
税務調査が無くなった!?」で解説していますのでご覧ください。