2020年12月28日 その他 事業企画部

納税資金対策、きちんと行っていますか?
相続が発生した場合、10カ月以内に、場合によっては数千万円単位の納税資金を確保しなければいけないこともあります。そのため事前に納税資金の確保、もしくは調達方法を検討しておくことが非常に重要です。

コロナ禍で、納税資金対策への考え方にも変化が見られています。とくに不測の事態が起こった際、不動産を換金目的で持つリスクが際立ってきた印象があります。

では、どのように納税資金対策について考えていけばよいのでしょうか?
コロナに学ぶ、納税資金対策」で解説していますので、ぜひご覧ください。