宅地建物取引業者に対して、不動産賃貸・売買における重要事項説明時に「水害ハザードマップを用いた水害リスクの説明」が義務化されてから、半年が過ぎました。

不動産取引にハザードマップが用いられるようになったことで、不動産投資における各金融機関の融資基準にも変化が起きています。現場では一体何が起こっているのでしょうか。エヌアセットBerry 取締役・越匠平が解説します。

>「重説で水害リスク説明」義務化から半年。不動産投資の現場で今、起きていることとは?